周りの友達はほとんどの人が結婚しているというのに、私には出会いがないと焦りを感じ、ワクワクメールに登録をしてみることにしました。
ピュア掲示板に書き込みをしてみたところ、何通かの人からメッセージがきました。

その中からすごく気になった方がいて、彼とは結構メールが続きました。
ただ、彼はちょっと離れた所に住んでいる人で、頻繁に逢えるような関係ではないと思いました。

それでも、メールをしているとすごく楽しかったです。
何度もメールをして、直アドも交換して、毎日のようにメールをしていました。
休みも土日でお互いに都合が会う様だったので、一緒にランチをすることになりました。

彼は私の中でドンピシャでした。
出会い系でこんなにドンピシャな人に出会えるのはすごくびっくりでしたが、嬉しかったです。
会話も盛り上がり、すごくたのしいランチタイムを過ごす事ができました。

その日はランチをしてお別れをしましたが、次に会う日は約束済みです。
次は夜に逢うことになりました。

昼間に会うときと夜に会うときと若干雰囲気が違って感じます。
居酒屋にいき、たくさん会話をしてご飯も美味しく食べ、話し足りないからといい、ホテルにむかいました。
今日は私はその気でいたので、勝負下着できました。

彼とホテルにいくと、最初はベッドの上でイチャイチャしていました。
そして、その勢いでお互いに体を触りあい、彼は私のおっぱいを触ってきま下。
「すごく感触いいね」
「ブラジャーしてるからだよ」
「じゃあとってもいい?」
彼は私のブラジャーを取ると、胸のボリュームのなさに少しびっくりしていました。
「ブラでごまかしていたの」
にがい言い訳をすると、彼は乳首を触り、刺激をしてきます。
私はすごく感じてしまいました。
「胸がちいさいひとって乳首の感度がいいって聞いたことあるけど、どうなんだろう」
そういうと乳首を嘗め回し、しゃぶり、私はたくさんあえいでしまいました。

彼のあれもすごくたくましくなっていて、すごく大きくなっていることにびっくりしてしまいました。
「入らないかも」と思わずいってしまい、彼は「じゃあ試しに入れてみようか」というと、挿入してきたのです。
私のあそこはすごく濡れていたので、以外にもすっぽりと入っていきました。

そして、彼のピストンがすごく気持ちよく、彼もすごく気持ちよさそうな表情を浮かべています。

体の相性はすごくいいのか結局3回もエッチをしてしまいました。

その後彼とは月に2回の頻度で会うようになり、エッチを楽しんでいます。
お付き合いする時は来るのかなあと、思いながらも今の関係を楽しんでいます。

この体験談はこちらの出会い系サイト利用者によるものです↓詳しくは↓




超お得!遊びホーダイNo.1恋愛コミュニティ!

 

こちらも出会えるサイトです↓